読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーワールドカップ 2026年大会から出場国枠が「48」に拡大!

f:id:halelog:20161231213818j:plain

どうも!ハレです!

サッカーW杯に関して気になるニュースが発表になりました。

サッカーW杯、2026年大会から出場国枠「48」に拡大決定!

 1月10日、FIFAがスイスのチューリッヒにある本部で理事会を開き、2026年大会から出場国枠を現行の32チームから48チームに拡大することを正式に決定したとのことです。

2016年2月にFIFA会長に着任したジャンニ・インファンティーノ氏が以前より出場国枠を増やすことを公約に掲げており、それが実現した形となりました。

出場国枠が拡大されたのは1998年のフランス大会で24チームから32チームに拡大されて以来のこととのことなので7大会ぶりということになります。

 

大会のレギュレーションはどうなる?

3チームずつ16グループに分かれてグループリーグを行い、各グループ上位2チームの計32チームが決勝トーナメントに進出する方式となるとのこと。

 

各地域の出場国枠は?

各地域の出場国枠は以下の通り。

ヨーロッパ    16チーム

アフリカ       9.5チーム

アジア                   8.5チーム

北中米カリブ海    6.5チーム

南米       6.5チーム

オセアニア     1チーム

 

出場国枠拡大による影響は?

まず経済効果の大幅な向上が予想される。FIFAは出場国枠を拡大することで約6億4,000万ドル(約740億円)の収益増加が見込めると分析しているのこと。

懸念されることは大会のレベル及び価値が低下するのではないかということだ。

ヨーロッパや南米などは強豪国が地区予選で姿を消すことが少なくない。それだけ強豪国に匹敵するチームがひしめく激戦区だということだ。そういった強豪国の出場枠が広がればそれだけ魅力あるチーム、魅力ある選手、そして魅力あるプレーを見ることができ、大会の価値は向上するかもしれない。

しかし一方、アジアなどはヨーロッパや南米のチームと比較しワールドカップでその存在感を示すだけの結果を出しているとは言い難い。レベルが決して高いとは言えないチームが増えることで大会の価値が低下するという考え方もできる。

予選に目を向けても、我らが日本代表がアジア枠の拡大でワールドカップ本戦に出場できる可能性が高まることは実に喜ばしいことだが、アジア枠8.5は少々多すぎないかと個人的には思う。厳しいワールドカップ予選を戦い抜く中にドラマが生まれるものだが、その緊張感が薄れる懸念がある。

 

総括

後半は少しネガティブな意見を述べさせて頂いたが、大会の規模が大きくなればより注目度も高くなる。

様々な国のチームが出場することでより多くのドラマを生んでくれることを期待したい。

2026年ワールドカップの開催国は2020年5月に決定する予定だ。楽しみに待ちましょう!