長野県松本市へ1泊2日の旅行

どうも!ハレです!

1泊2日で長野県松本市に旅行に行ってきました!

2月の松本は非常に寒く夜には氷点下になります。幸い旅行に行った2日間は天気にも恵まれ快適に過ごすことができました。

では今回は旅行のことをブログに書いていこうと思います!

出発!

出発の地は名古屋駅。ここから「ワイドビューしなの」に乗って向かいます。

ワイドビューしなのとは名古屋から中津川や松本を経由し長野駅までを結ぶ特急電車です。長野への道中は田園地帯や山間部など非常にのどかな風景が続く。今の時期は雪が積もっている風景を見れることも珍しくない。一点、長野県に入ったあたりから電車の揺れが激しくなるため乗り物酔いには注意が必要です。

名古屋駅:10:00発 → 松本駅:12:04着

f:id:halelog:20170219093048j:plain

松本駅前から北アルプスが望めます。

松本到着!

無事松本に到着し時間は12時過ぎ。まずは昼食をとることにしました。

長野といえばやっぱり蕎麦だろうと駅の周りを探すと何店も見つかりました。その中でもネットでの人気の高かったお店に入ってざる蕎麦を頂きました。サッパリしていながらも味がしっかりしていて大変美味しかったです。

松本散策!

昼食をとってお腹が満たされた状態で市内散策へと向かいます。

目的地は松本城松本駅から松本城までおよそ1.2kmと結構近いんですが道中寄り道しながら進みました。

ちょっとレトロな街並みの中に古書店や老舗の喫茶店などが立ち並びゆったり時間を過ごすことができました。

さらに進むと縄手通と呼ばれる露店などが多く立ち並ぶ商店街がありました。

ここはカエルがシンボルキャラクターになっているらしく、カエルの石像がいたるところにあったり、カエルの置物が露店で売られているなど、見ているだけでも面白い場所でした。

f:id:halelog:20170219095205j:plain

国宝 松本城

お目当の松本城に到着しました!松本城は文禄(1593~1594)年間に建てられた五重六階の天守としては日本最古の城として知られています。戦国時代そのままの天守が保存されており、姫路城、彦根城犬山城松江城とともに国宝5城のひとつです。

今回は天守内への入場はしませんでしたが松本城の外周を回りながら観覧しました。

重厚感があり迫力のある松本城は青空やアルプスの山々をバックに非常に映える素晴らしいお城ですね。

f:id:halelog:20170219095139j:plain

場内に入り「国宝 松本城天守」の銘板が迎えます。

f:id:halelog:20170219095326j:plain

南側からの写真。アルプスの山々をバックに素晴らしい景観です。

f:id:halelog:20170219095443j:plain

北側からの写真。その重厚な佇まいに歴史を感じます。

浅間温泉で宿泊

夜は松本城から車で15分程の浅間温泉の宿に宿泊しました。

アルプスの山菜や牛豚など地元の食材を中心としたお料理に地酒も一緒に頂き、そして温泉に浸かり日頃の疲れを癒す。贅沢な夜を過ごすことができました。

名古屋へ

2日目は旅館で朝食を頂いてから遅めのチェックアウト。松本土産を買い込んで名古屋への帰路に着きました。行きと同じくワイドビューしなのに乗り込みます。

松本駅:12:53発 → 名古屋駅:15:01着 無事帰宅。

最後に

初めての松本への旅行はとてもゆっくりすることができ、日頃の疲れを癒す最高の休日となりました。これからも定期的に旅行に行きたいと思います。行ったらまたブログで報告していきたいですね。

ではまた!